お得な制度となるふるさと納税のこと|おすすめ品をチェック

楽しく節税できる

財布

意外と簡単な手続き

ふるさと納税では、自分が選んだ好きな市町村に寄付をすることができます。寄付をする市町村はどこでもいいので、以前に住んだことがある場所でも、全く知らない場所でも構いません。1年間で寄付をした合計額から2000円を差し引いた金額は、翌年の住民税から控除される上、寄付をした自治体から返礼品として地域の特産物を受け取ることができるので、楽しくお得に節税したい人にはおすすめです。自己負担が2000円で収まる寄付の上限額は、納税者本人の収入によって決まりますが、ふるさと納税のサイトなどで上限額を簡単に計算することができます。ふるさと納税は、1年間に寄付をする自治体が5か所以下であれば、確定申告が不要となる特例制度が利用できるので、手続きは意外と簡単です。

食品を選ぶときの注意点

ふるさと納税では、各自治体が多くの寄付金を集め、地場産業を盛り上げるため、様々な種類の返礼品を用意しています。その種類は非常に豊富で、魚介類や野菜、菓子や酒、民芸品や家電など多岐に渡ります。ふるさと納税のポータルサイトでは、返礼品の内容で寄付ができる自治体を検索することができます。サイトによっては、人気ランキングやおすすめの返礼品を掲載している場合もあります。食品はおすすめの返礼品ですが、果物や魚介類などは賞味期限があるので、すぐに食べられない人や冷蔵庫が小さい人は注意が必要です。返礼品の賞味期限を心配したくない人には、保存がしやすい米や、アイスクリーム店や通販で使うことのできる商品券がおすすめです。

このエントリーをはてなブックマークに追加